統計データを探す

キーワードで探す

検索

     
 

統計調査の基本情報について

 

統計調査とは

 統計とは何らかの集団の傾向や性質を表すものであり、統計を作成するために行われる調査のことを統計調査といいます。特に公的統計は、行政機関、民間企業及び個人の合理的な意思決定を行うための基盤となる重要な情報であり、その作成及び提供については、統計法や地方公共団体の条例等により、体系的かつ効率的に行われるよう定められています。

全数調査と標本調査の違いは何ですか

 統計調査を行うに当たり、対象となる集団すべてを調査すれば正確な結果が得られます。このような調査を「全数調査」といいます。対象が多くなると、全数調査は莫大な時間と手間がかかりますので、一部の人だけを選んで調べる方法もあります。このような調査を「標本調査」といいます。公的統計では、国勢調査など特に重要な調査を除き、標本調査が行われています。

統計調査の集め方の違いによる区別はありますか

 調査対象を選定し、調査票を配布して作成する統計を「調査統計」、役所への届出などを基に集計して作成する統計を「業務統計」、他の統計調査の結果等を基に分析・推計して作成する統計を「加工統計」といいます。

統計周期について

 統計調査には、1回限りのもの、不定期のものなどもありますが、おおむね毎月、毎年、3年ごと、5年ごとなど、その性質、目的等に応じて調査を行う頻度が定められています。

指数で表されている統計調査がありますが指数とは何ですか

 指数とは、同じ種類の統計数値の大小関係を比率の形にして表したものです。指数にすることにより、異なった単位の統計数値を集計して比較したり、異なる場所、異なる時間の比較ができるなど、統計数値を利用しやすくしています。

季節調整とは何ですか

 例えば、ランドセルの販売量やアイスクリームの消費量など季節によって量に変動のある数値は、単純に前の月と比較することができません。しかし、1年という周期ごとに繰り返す変動を過去のデータから推計し、その変動を取り除いて比較できるよう元の数値を調整することを季節調整といいます。季節調整の方法は様々ですが、国や都道府県の行う統計調査においては、アメリカ合衆国センサス局が開発したX12-ARIMAという季節調整法が主流となっています。

一次統計と二次(加工)統計という呼び方がありますが違いは

 「調査統計」及び「業務統計」を、直接集団から得た情報により作成されることから「一次統計」、「加工統計」を一次統計の結果を利用して作成する統計であることから「二次統計」と呼ぶことがあります。

国や地方公共団体が行う統計調査は何によって決められているのですか

 公的統計は、統計法により、「社会の情報基盤としての統計」として体系的かつ効率的な整備を図るよう定められ、また、公的統計の中核をなすものとして重要性が特に高い統計が「基幹統計」として位置付けられています。これら「基幹統計」やその他の統計調査を行うために、国の各府省や都道府県において、その具体的な目的や方法などを定めた法律(政令、省令)、条例(規則)がそれぞれ定められています。

宮崎県の統計に関する条例は

 本県では、「宮崎県指定統計条例」を制定し、県が行う統計調査のうち「基幹統計」に準ずる重要な統計を「県指定統計」と位置付け、その実施について定めています。これまで10の統計調査が「県指定統計」に指定され、このうち「産業動態統計」(毎月実施、鉱工業指数の作成などに使用。)、「物資流通統計調査」(5年に1度実施、宮崎県産業連関表の作成に使用。)、「現住人口調査」(毎月実施、県推計人口の作成に使用。)が現在も実施されています。

 

 

お問い合わせ

総合政策部 統計調査課

電話番号:0985-26-7042 FAX番号:0985-29-0534 メール:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp